飲酒運転で摘発されたイム・ヨンミン、結局AB6IXを脱退。 韓国の反応「自らチャンスを逃すんだね」

/ 配信

イム·ヨンミン

カムバックの直前、飲酒運転で摘発され活動中断を宣言したAB6IXのリーダーイム·ヨンミンが脱退を知らせました。
イム·ヨンミンの所属事務所ブランドミュージックはお知らせで「イム·ヨンミンと話し合った結果、グループに被害を与えることはできないという本人の意見を尊重し、AB6IXの脱退を決定した」と発表しました。

これからAB6IXはイ·デフィ、パク·ウジン、キム·ドンヒョン、チョン·ウンの4人のメンバーが活動を続ける予定です。
韓国のK-POPファンはイム·ヨンミンの脱退を当たり前に思っている状況です。 韓国の反応です。


韓国の反応

– 出るのが正しいと思う。 これからリーダーを続けていくことはできないから。

– ファンたちがすごく心配してたけど、終わったね。 良かった

– 所属事務所の仕事処理が本当に早いね。

– イム·ヨンミンの人生が間違ってほしいわけではない。 うまく生きていってほしい。

– 正しい決定だ。 一度事故を起こした人は繰り返すようになっているから。

– 自ら何度もチャンスを逃すんだね。

– このように自分の人生を台無しにするなんて、自分の過ちだが残念。

– メンバーたちはもっと良い結果が出るといいな。

– こういうのは早く決めなければならないと思う。 事務所が仕事が上手だね。

– 新人なのに、こんな状況で、カムバック直前、飲酒運転、免許取り消しはひどかったよね。 しかもリーダーだったし。 他のアイドルたちの事例を見てもどうしてそんなことをしたのかわからない。

– 元々こんなのが当たり前なのに、知らん振りして活動する芸能人があまりにも多い。

– カムバック直前だったからファンもすべて拒否したからね。 会社でも擁護するのは難しい。

– イム·ヨンミンはもう年取ったのに、自分の手に握ったチャンスを逃してしまったね。 軽率だった。

– 私はファンでもないのに変な気分。

– 自分のせいだけど本当に残念。 どうして飲酒運転をしたの。

– 衝撃。人生は一瞬だね。芸能人の飲酒運転はたくさん見て脱退までするとは思わなかったよ。

– ファンたちをお祝いしたい。 私が好きなアイドルの事務所も学んでほしい。

– いい決定だ。 新人で、初めて聞く人もいると思うけど、チームのために脱退するのがいいと思う。

– プロデュースの時もそうだし、自分のチャンスを自分が つかめない感じだね。 見ていると気持ちがおかしい。

– デビューも難しくしたのにどうしてそうしたの?

– デビューして間もないとファンもすぐに背を向けるのに、なぜそうしまったんだろう。 経歴のあるグループは知らないふりをする場合も多いが…。

– 良かった。他のメンバーには罪がない。

– 男アイドル4人も悪くないよ。 残りのメンバーたちが、 頑張ってほしい。

– それでも決断力があるね。 ファンたち、おめでとう。

– 芸能人たちの飲酒運転が一番理解できない。 代行運転もあるのに。 人生が変わるじゃないか。

– なんで酒を飲んで運転をしたの? 本人だけでなく、他人の生命も危険にさらすことなのに…。

– 芸能人活動をもう少しすれば、一生の金を稼げるのに…それが我慢できなくて…

– 何年も苦労したのにそれを我慢できないなんて。

– これから上がる事だけ残ってる。 上手く行くさ

– この子はプロデュースの時も、 似たようなことがあったんじゃない?

– 脱退しなければ、他のメンバーも 放送されるたびに飲酒運転の話を聞くようになるから。 よく仕上げたと思う。

– 苦労してデビューしたのに残念。 AB6IXがもっとうまくいったらいいね。

– あんなに苦労してデビューしてからいいことばかりだったのに、本人が台無しにした。 残りのメンバーたちが、 気持ちを落ち着かせてほしい。

– 脱退したのはすっきりしているが、気持ちが少し変だね。

– 人気メンバーって言ったのに、 すぐに捨てるんだ。 私のアイドルで悪いことしたメンバーは人気もないのにどうして…

– AB6IXかわいくて好きだったのに、ファンじゃないのに傷ついた。 残りのメンバーたちが、 うまくいけばいいと思う。

– このごろは飲酒運転に対して以前のように寛大ではないから、そのまま無視することはできない。

– いざ脱退が決まると心が痛い。 君の選択だから尊重する。 こう終わったけど、これからうまくいけたらと思う。 本気だよ。

– 本当に好きだった。 もうさようなら。涙が出る。

– 芸能人長くやったら我慢することが多いのに、これっぽっちも我慢できないなら、今止めたほうがいいかも。


コメントを投稿する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

カテゴリーで見る

ツイッターで新着記事を受け取る