NCTテヨンの私服は 「人間NCT」の感じ? 韓国の反応「職業の満足度が高そうだな」

/ 配信

NCTテヨンの私服が 「人間NCT」の感じだと話題です。韓国アイドルの私服は格好いいと有名ですが、NCTの中でもファッションセンスがいいことで有名なメンバーは、テヨン。 テヨンの私服はNCTよりもNCTみたいな感じだそうです。 テヨンの私服写真と韓国の反応を紹介します。



私服が「人間NCT」みたいなNCTのテヨン

NCTテヨン 私服
韓国アイドル 私服,
SuperM テヨン
テヨン 私服
韓国アイドル
SuperM
NCT

NCTテヨンの私服 韓国の反応

  • でもよく似合うね。
  • 普通のものも派手だね
  • スタッフがスタイリングしてくれるんじゃなくて、本当に私服なの? 本当に私の好み
  • 派手な顔だから派手な服がよく似合うね。 本当にかっこいいね。
  • 実はNCTのスタイリストがテヨンじゃない?
  • 本当に難解なのによく着るね。 かっこいい舞台衣装みたい。
  • テヨンは顔が派手だから派手な服も何だかいい感じ。 個人的にはテヨンのズボンのラインがうらやましい。
  • 目鼻立ちが派手で似合わないようだけど似合うな
  • 人間NCTが誰かと思って押したけど、 最初の写真を見たとたん認めた。 本当に普段私服があんなものなの?
  • テヨンはNCTの初期に着たステージ衣装も好きそうだ
  • 色の調和がいい
  • 本当に人間NCTだな。 元々あんなスタイルが好きだったのか、 NCTをしていて好きになったのか知りたい。
  • 行き過ぎかもしれないのに変によく似合う。
  • ぱっと見ると舞台衣装を着て出勤、退勤する感じだ。
  • 自分の色が確かにあるね
  • あらゆる色が入っても自然に似合う
  • センスがヤバイ。 難易度の高い服もよく似合うように着る。 本人にもよく似合うし。
  • そもそもスタイルがいい。 色とパターンをよく混ぜる感じ。
  • NCTについてよく分からないけど NCTみたいというのが何なのか分かる気がする。
  • テヨンの服は高いけど、私が着れないスタイルだからついていけない。
  • スタイルが本当にうらやましい。 これがファッションピープルか。
  • 派手な顔だし、スタイルがいいから、派手に着ても似合うね。 本当に人間NCT。
  • 練習生の時は服にはあまり関心がなかったと聞いた。 メンバーが言うには、テヨンがグレーの帽子、グレーのTシャツ、グレーのズボンを履いてファッションがテロだと思ったけど、顔が輝いてて「これがSMなんだな」と思ったと言った。 そして黒い服が好きだったと。
  • 個人的には芸能人は芸能人みたいに着るのが好きで良いと思う。
  • 検索してみるとテヨンはあまり背が高くないのに難しい服がよく似合うね。
  • 本当にジェジュンに似てる。 そして足がすごく長く見える。
  • 僕の基準には難しいスタイルだと思うけど、 本当によく似合うね。
  • 空港じゃなくて、普段着はあまり弾かない服もたくさんあるよ。 もしあれが全部だと思うかも知れないから…
  • SuperMの時、オレンジ色のパジャマのズボンみたいなのを着て来て、本当にパジャマだと思って驚いたことがある。
  • 顔がゲームキャラクターみたいで何を着てもよく似合う。
  • 複雑な現代文明を表現したような、トレンディな感じだね。 私の中のNCTそのもの。
  • テヨンの練習映像での服もセンスがいい。
  • NCTスタイリストが望んでいた感じを 持っているんだけど、テヨンのバランスがもっといい感じに見える。
  • あの服そのままNCTの舞台に立っても違和感がなさそうだね。 しかもスタイリストがくれた服よりもっときれいに見える。
  • 本当にジェジュンに似てると思いながら見た。
  • あんなアイテムを持っているというのが驚きだ。 彼はNCTだから。
  • テヨンのファッション、なんかヱヴァンゲリヲンのイラストみたいだな。 派手な服を子供たちに着せたようなイラストの感じ
  • ポイントで着る衣装を一度に全部着ちゃうんだね。 顔が派手だから似合う。
  • NCTについてよく分からないけど、 NCTみたいに着るというのが何なのか分かる気がする。 素敵
  • ステージにそのまま上がってもいいと思う。
  • 職業満足度が高そうだな。

韓国アイドルについて話しましょう!

K-POPの反応記事のまとめはこちら! >>
ツイッターで新着記事を受け取る @k_buzznet

2 コメント

  1. こういう服が似合うのってすごくね?
    自分だったら絶対着れない

コメントを投稿する

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

カテゴリーで見る

ツイッターで新着記事を受け取る